【ブランドインタビュー】1/2cafe

 

vee ga boo参加ブランドへのインタビューを毎月更新していきます🎤
作り手の想いやこだわりを是非とも知って、食べて、感じてみてください。

岐阜県でヴィーガン&グルテンフリーのカフェを営む「1/2 cafe(ニブンノイチカフェ)」
オーナーの天池さんに、インタビューを行いました!

自然豊かな環境で、近隣の無農薬のお野菜やフルーツを使用したスイーツは、ヴィーガンやアレルギーをお悩みの方はもちろん、老若男女問わず幅広いお客さまに愛されています。

ずっと気になっていた、店名「1/2(ニブンノイチ)」の由来も伺うことができました!

 

たくさんの人の笑顔を守れる仕事『1/2 cafe(ニブンノイチカフェ)』

 

―― ブランド立ち上げのきっかけを教えてください

天池:今から14年ほど前に「1/2 cup」という名前でヴィーガンスイーツのブランドを始めました。近所の自然食品のお店が開催していたマルシェで、ヴィーガンスイーツを販売していたことがきっかけです。

ヴィーガンスイーツの優しい味わいや魅力を知って、“自分でもやってみたい” と思いました。

オーナーの天池さんと娘の長谷部さん

―― ご近所でのヴィーガンスイーツとの出会いがきっかけだったのですね

天池:最初は趣味で作り始めたのですが、マルシェを主催していた店主さんに食べてもらったところ、「マルシェに出てみませんか」とお誘いを受けまして。それでブランド立ち上げました。


――
ヴィーガンスイーツ作り、はじめは苦労などもありましたよね

天池:実生活でももともと卵やお肉を使わない料理を作っていたので、まったくの初挑戦というわけではありませんでした。

子供の頃から、お肉が苦手だったんです。
当時は、ヴィーガンという言葉ももちろん浸透していませんから “自分はただの偏食なのではないか” と長く苦しんでたのですが、ある時、海外にヴィーガンという生活スタイルがあるということを知り、今までの苦しさがとても気が楽になりました。

ヴィーガンスイーツ作りは難しそうと思われがちですが、自身がもともと料理好きだったこともあり、今もとても楽しんでやっています。


――
今はヴィーガンだけでなく小麦粉も使わないグルテンフリーなスイーツもお作りですよね

天池:グルテンフリーを始めたのは、今から5年ほど前です。

きっかけはヴィーガンのイベントに出店した際、お客さまに「グルテンフリーのスイーツはありませんか?」と聞かれ、小麦粉のスイーツが売れ残ってしまって。

自身の中でもとても印象深い出来事で、すぐに米粉を研究し、3ヶ月後にはヴィーガン&グルテンフリーでスイーツを作れるようになりました。

ヴィーガン&グルテンフリーであることに加え、この6月にカフェをオープンしましたので、このタイミングでブランド名を『1/2 cafe』に名前を変えました。


――
ブランド名の由来を教えてください

天池:娘と二人で「1/2 cup」というブランドを立ち上げたのですが、私も娘もパティシエやプロの料理経験があるわけでもなかったため、“半人前同士だから” という理由で「1/2(ニブンノイチ)」をつけようと思いました。

「cup」は目の前にちょうど軽量カップがあったので組み合わせてみたらゴロが良かったんです。

―― 半人前からきていたのですね!二人合わせて一人前という理由がとても素敵です 


――
ヴィーガンスイーツを作っていて良かったと思うことを教えてください

天池:お客さまと共感できることが何よりも嬉しいです。さまざま方とお話しできますし分かり合うことでつながれます。

うちの商品を喜んでくださるお客さまが多いのでこちらも嬉しくなって。

幸せの give & Ttake ができることが嬉しいです。


――
お客さまはどんな方が多いですか

天池:もともとはアレルギーのお子さんやそのお母さん、ヴィーガンのライフスタイルの方が多かったのですが、最近は自身の食の制限が理由ではなく、「一度食べたら美味しかったからまたきました!」という方も増えました。それがすごく嬉しいですね。


――
お客さまのお声で印象に残っている言葉はありますか

天池:アレルギーを持った子供さんがマカロンをどうしても食べたくて、試しに作ってみるとすごく喜んでくださったことがありました。

もったいないから毎日少しずつ食べていたそうです。その話を聞いて、「本当にこの仕事をして良かった」と改めて思いました!

アレルギーのお子さんとそのお母さんや、たくさんの人の笑顔を守れる仕事なのだなと。


――
スイーツを作る中で一番大切にしていることを教えてください

天池:ありきたりかもしれませんが、作る時にはお客さまの笑顔を思い浮かべて、丁寧に心を込めて作ることを大事にしています。

趣味から始めたことでしたが、好きなことが仕事にできているので幸せを感じています。


――
今後のビジョンを教えてください

天池:このスイーツや想いが自分の娘にも、孫にもずっとつながっていくといいなと思います。いつかヴィーガンやグルテンフリーが当たり前の選択肢になることを祈っています。 

―― では、最後に読者にひとことお願いいたします!

天池:コロナ禍でまだまだ大変な状況は続きますが、ぜひ私たちのスイーツでホッと一息つく時間を過ごしていただけたら嬉しいです。

 

 

1/2 cafe

岐阜県加茂郡富加町でヴィーガン&グルテンフリーのCafeを営んでいます。
自然豊かな環境で、近隣の無農薬のお野菜や、無農薬のフルーツを使用したお料理とスイーツを提供しています。ヴィーガンの方、そうでない方、アレルギーをお持ちの方も、みんなで一緒に楽しくおいしく食べて頂けるよう心掛けています。

 

HP:https://1-2cafe.com/
Instagram:https://www.instagram.com/1.2.cafe/

 

Text by 岡﨑可奈(vee ga boo)

 

岡﨑可奈(おかざきかな)
vee ga booのセールスプロモーション担当
instagramの投稿やブランドインタビューの記事を更新しています。
これからもvee ga booをよろしくお願いいたします😌