【22年5月】ブランド紹介

2022年5月期に商品をご提供いただいている
「コウソカフェ / ピーキューズ / ノノズマフィン / アイカ / コトコト」の5つのブランドについてご紹介です。




■「KO-SO CAFE BIORISE (コウソカフェ ビオライズ)」について

KO-SO CAFE BIORISEとは「酵素」の大切さに着目し、酵素を主役に据えた、すべてがヴィーガン、ハラールのカフェです。

「酵素」とは生きもの(人間・動物・植物)すべてに存在しその生命活動を担ってる物質で、生命力の根本です。

KO-SO CAFE BIORISEでは『カラダの中からキレイに』をコンセプトにさまざまな酵素を含む厳選したオーガニック野菜を中心に野菜・果物の豊かな栄養を体内にとり入れ本来の美と健康を取り戻す場所を目指しています。

 

【vee ga booでの販売商品はこちら】
https://vee-ga-boo.jp/products/vgb22maybdbx001

【公式サイトURL】
https://www.ko-so-cafe.jp/

https://instagram.com/ko.so.cafe

 

 

■「PQ’s(ピーキューズ)」について

PQ‘sは東京の下町の竜泉にあるカフェです。日当たりと風通しの良い店内で、カラフルなカレーや甘くて美味しい焼き菓子などが食べられます。自然栽培野菜の販売などもしています。食を通じて多様な人々がゆるく繋がり影響し合う空間を目指しています。

PQ‘sは美味しい食べ物を提供するために様々な搾取を前提としたシステムは必要ないと考え、食が変われば世界が変わると信じて、ひとつひとつの商品を提供する事に誠実に取り組みます。
お菓子を食べたときの多幸感を大切にしたいというパティシエの想いから、PQ‘sのお菓子はしっかり甘くて満足感のある仕上がりになっています。熊本県産の自然農法で育てられた貴重な小麦粉を使い、ひとつひとつ丁寧に作られた日替わりのマフィンやスコーンは様々な食材の組み合わせを楽しむことができます。

日替わりのカレーは季節の野菜を使い、野菜やフルーツの色を活かしカラフルに仕上げています。辛いものが苦手な人や、五葷抜き、アレルギーなど様々なニーズになるべく応えられるよう、カレーの要素をバラバラに解体し、組み立て直す独自のスタイルに落ち着きました。

全ての商品において動物性の原材料は一切使用していません。小麦粉や野菜は、自然の多様性を守り野生動物や昆虫や微生物とも共存する無農薬栽培や不耕起栽培、自然農法などを支持しています。輸送の負担などを抑えるためにもできるだけ国産の食材を使用することを心がけ、輸入の食品は、コーヒー、バナナ、チョコレートなどフェアトレードのものを使用しています。電気はgreen people’s powerさんの100%再生可能エネルギーを使用しています。こだわるところはしっかりおさえて、正しさや完璧さにはこだわりすぎず、変化を恐れずにアップデートを続け「より美味しくワクワクするような商品を、より良い材料にこだわり提供すること。」を目標にしています。

 

【vee ga booでの販売商品はこちら】
https://vee-ga-boo.jp/products/vgb22maybdbx002

【公式サイトURL】
https://pqs.world

https://www.instagram.com/vegancurry/?hl=ja

 

 

 

■「ノノズマフィン」について

私は8年間健康食品会社に勤務していた経験があります。
健康ブームの中で摂取しにくい栄養素は健康食品から補う方がいる一方、健康食品に頼らず食事で取り組みたいというお客様もいらっしゃいました。
基本となる毎日の食事に、安心して食べられるものがあまりにも少ないことに驚きます。
それは多くの食品に添加物や加工品が多種多様に含まれているからです。
そういった皆さまの声を伺いつつ、自らも勉強を続けるうちに、若い頃は感じなかった健康への意識が、40代になって次第に高まってきました。

そんな折、夫が腸の病気になり、乳脂肪分や油もの等を控えなければならなくなりました。そのため主人は大好きな洋菓子やスナック菓子を控えなければならず、かなりのストレスになっていたと思います。
夫のために体に優しいおやつを探しましたが、市場には洋菓子で乳脂肪分抜きというものはなかなか見つかりません。
そのような経験のなか、私の中で「健康は食事が基本」という考えがますます強くなりました。

食べるものが血液となり細胞を活性化して体を作ります。
健康食品は簡単に足りない栄養を補えますが、
やはり目で、舌で、香りで、「おいしい」と五感で感じるものが、なにより心身的な健康につながると考えるようになったのです。
それと同時に、今までの経験と知識を活かし、健康のため、安心で安全なものを、食を通じてお届けしたいと強く思いました。

『マフィン』はアメリカではママの手作りおやつの代表的なものです。短時間で作ることができる簡単なもので、欧米では朝食や昼食にも食べられています。日本でいえば「おにぎり」に当たると思います。
それなら単なるおやつでなく、
「朝食や昼食にも食卓に並べてもらえるような安全で安心なマフィンをお届けしたい」。
そんな想いでnono’s muffinをスタートさせました。

nono’s muffin とは、 no egg, no milk, no butter の3つのnoを名前に込めて名付けました。
まだまだ日本でマフィンは食事として認識されてはいませんが、食事制限のある方や病院のお見舞いにも安心してお届けできる商品は、食事の代用品としても重宝いただけると考えています。

「おいしい」は人を笑顔にします。 
どうか、みなさんの笑顔が健康な日々に繋がりますように。
nono’s muffinは、今後もみなさまの健康と笑顔をサポートできるよう、
多彩なラインナップでおいしいマフィンや焼き菓子をつくり続けていきたいと思います。

 

【vee ga booでの販売商品はこちら】
https://vee-ga-boo.jp/products/vgb22maybdbx003

【公式サイトURL】
http://nonosmuffin.com

https://www.instagram.com/nonosmuffin

https://www.facebook.com/nonosmuffin

 

 

 

■「PLANT BASED DELI&SWEETS【aika】」について

aikaはフィンランド語で「時間」。
人生の大切な時間をどう過ごすか、いつ、何を食べるか・・・PLANT BASED DELI&SWEETS aikaは、健康とサステイナブルを目指す管理栄養士・料理家の中村美穂が心を込めてお届けする「季節の野菜料理とお菓子のお店」です。

Vegan&Gluten free(動物性食品・小麦粉不使用)で身も心も軽やかに、ほっと笑顔になれますように。今日の「おいしい」が、​未来の健康につながりますように。
子どもから大人まで、心と体の健康と、地球環境と、世界の平和のために、何ができるだろうと常に考えながら、料理教室や食育講座、メディア監修、書籍出版など多岐に取り組んできましたが、プラントベースやローフードがもっと気軽な選択肢となるお店(ブランド)を作りたい!と2021年10月にaikaはスタートしました。

 

お米、雑穀、芋、豆、ナッツ、野菜、果物、海藻、きのこなど、プラントベースフード(植物由来の食事)の魅力を発信し、栄養バランスや体への負担を考え、お子様から大人まで、菜食の方もそうでない方も、心地よくお楽しみいただけるサービスを提供していきます。

商品は通販サイト(https://aika2021.official.ec/)のほか、毎日曜日・月曜日は、東京都東小金井駅高架下のシェアキッチンMA-TO(マート)にて店頭販売しています。近隣農家さんの有機野菜や無農薬無化学肥料玄米をはじめ、厳選した食材をこだわりのレシピで丁寧に手作りし、日替わりの野菜たっぷりのお弁当やスイーツ、スムージーなどをお届けしています。


【vee ga booでの販売商品はこちら】
https://vee-ga-boo.jp/products/vgb22maybdbx004

【公式サイトURL】
https://aika-foodplanning.com

https://instagram.com/aika_plantbased
 
https://instagram.com/syokujikan_miho

https://twitter.com/aika_pbwf

 

 

■「Organic cafe koto-koto」について

2014年9月9日に東京の西の外れ、自然豊かな日の出町に酵素玄米&ヴィーガンランチのオーガニックカフェをオープンしました。

日々の食事は身体を作り、時折り食べるスイーツは心を育てます。だからこそ、素材にこだわり地球にも身体にも優しい物を作り続けています。

「ヴィーガン」「ベジタリン」「普通食」と言う食の垣根を無くし、皆で同じ物を食べ、美味しさを分かち合い、笑顔になれる事が一番と思っています。

マクロビオティック理念を軸に「地産地消」「一物全体」「陰陽調和」の考えを大切にしたランチとスイーツをどうぞ、お召し上がり下さい。


【vee ga booでの販売商品はこちら】
https://vee-ga-boo.jp/products/vgb22maybdbx005

【公式サイトURL】
https://koto-koto.com

https://www.instagram.com/organic_cafe_kotokoto/