【10月】ブランド紹介&インタビュー

2021年10月期に商品をご提供いただいている
「Coco ChouChou / 一里野高原ホテルろあん / 玄gen / ノノズマフィン / パンダプールマフィン/ おやつ工房さら 」
の6つのブランドについてご紹介です。
 
 

<追加情報!>

vee ga boo 編集担当の岡崎が、各ブランドへインタビューした記事をアップしております☆彡
素敵なスイーツタイムのお供に、ぜひご覧ください!!
 
Coco ChouChou
 
「一里野高原ホテルろあん」
 
「玄gen」
 
「ノノズマフィン」
 
「パンダプールマフィン」
  
「おやつ工房さら」
 
 
■「Coco ChouChou」について
お菓子は体によくない 美容によくない、と我慢しているかた。
食物アレルギーや健康の事情などで食の制限があるかた。
幸せで美味しいお菓子の時間。
皆さんに我慢しないで「美味しく食べられる」喜びを味わっていただくため、Coco ChouChou(ココシュシュ)は毎日ひとつずつ丁寧にお菓子を作っています。
健康に配慮したお菓子や、アレルギー対応のお菓子は味気ない、というイメージを持たれているかたが多いようです。
食べて「とびっきり美味しい」眺めて「可愛い」という驚きを与えるお菓子を作ることがCocoChouChouのこだわりです。
しっかりと味わい深く、心が華やぐようなお洒落で可愛いお菓子。
「これしか食べられないから仕方なく」ではなく「美味しいから」食べていただきたい。
あらゆる食の制限をポジティブなものに変換し皆を笑顔にすることが私たちの喜びです。
 
 
 
◆原材料へのこだわり◆
Coco ChouChou(ココシュシュ)のお菓子は3大アレルゲンである卵・乳製品・小麦不使用ですが、しっかりと満足感のある味わいに仕上げています。
「卵も乳製品も小麦も使わないでお菓子が出来るの?」「本当に美味しいの?」という疑問を持つかたからも、「使ってないなんて信じられない!」そんな喜びの声があがります。
 
小麦の代わりに米粉を使用しナッツの粉でコクをだしています。さらに、卵や乳製品の代わりにココナッツオイルやカカオバターを使用して、味わいに深みをプラス。卵・乳製品・小麦を使わなくても満足感のある、贅沢な味わいになるよう工夫をしています。
 
卵や乳のほかゼラチンなどの動物性食材を使わないのもこだわり。
菜食主義のヴィーガン、ベジタリアンのかたとも一緒に食べられます。
甘みは白砂糖は使わず、ミネラルたっぷりのメープルシロップやきび砂糖、デーツなどのドライフルーツで。
ただただ甘いもの、ではなく、どうせならしっかりと栄養に。
 
何百回も試作を繰り返し、食の制限が有るかたからも、無いかたからも愛されるレシピが誕生しました。
しっかりと味わい深く、しっかりと甘い。
美味しい驚きを感じてください。
 
 
 
◆手仕事へのこだわり◆
Coco CouChou(ココシュシュ)のお菓子は心をこめて手作りしています。
すべての工程を手作業で。焼き菓子は1枚1枚丁寧に形をつくり、生チョコレートは目でも楽しんでいただくためドライフルーツや花を1つ1つ飾り付けています。
スタッフ一同、お客様に喜んでいただけるよう、毎日相談しながら試行錯誤を。お客様の声をもとに、スタッフみんなでより美味しく楽しいお菓子を創りあげています。
 
 
 
◆Coco ChouChou(ココシュシュ)というネーミングに込めた想い◆
Coco ChouChou(ココシュシュ)の『Coco』はココナッツのココ。
試作に奮闘して乳製品や卵の代わりにようやく見つけた素材です。
またChouChouはフランス語で「大切なもの」という意味があります。
Coco ChouChouのお菓子で、大切な人と特別な甘い時間をお過ごしください。
 
               
【vee ga booでの販売商品はこちら】
 
 
【公式サイトURL】
 
 
 
■「一里野高原ホテルろあん」について
石川県の国立公園『白山』の傍らに佇む自然派な温泉ホテルです。
 
源泉かけ流しの本物の温泉と周囲の山々に自生する天然の山菜や地元オーガニック農家から直接仕入れる極上野菜、自然で上質な食材にこだわり、自家製麹や自家製味噌、自家製醤油などを始め、無添加で製造された調味料を使用し、大手一流の旅館ホテルで修行した和食の達人が手作りで無添加調理をした料理を提供しています。
『自然の恵みに癒やされ蘇る』という思いをもとに、お客様が白山の大自然の恵みを享受し癒やされ蘇るのをお手伝いするという姿勢で日々、改善を繰り返しながら、取り組んでいます。
 
富士山、立山と並ぶ日本三名山のひとつである霊峰『白山』が与えてくれるかけがえのない大自然の恵みをこちらにお泊りに来られるお客様だけでなく、全国の皆様にお届けしようとの思いで現在はホテルメイドの食品や天然の山菜、自然素材などをご自宅に居ながら、楽しむことが出来る通販サイトも運営しております。
 
【白山・お山のめぐみmarche】というサイトで一里野高原ホテルろあんの特産品も多数販売をしております。
 
特産品づくりでも、もちろん食材を厳選する姿勢を貫き、「無農薬」「自然栽培」「天然物」の原材料を限りなく使用する事にこだわっています。
これまで、おはぎ・ジェラート・豆乳コロッケ・山菜加工品・ジビエ肉セットなど、一流ホテルや旅館で調理長を歴任した和の達人のプロの知識と技を最大限に生かしながら様々な商品を製造して参りました。
 
オーガニックで無添加な和菓子だけでなく、スイーツには和洋にこだわらず、特に力を注いでおり、日々様々なスイーツの試作を重ねています。
独創的な発想でこれまでに無いスイーツの開発にも取り組んでいます。
 
余計なものは入れずに、心を込めた手作りで、自然な食材を、自然な調味料を使用した無添加調理で「身体が喜び、心が踊る」そんなスイーツを、多くの方に届けていくために、今後とも楽しみながら取り組んでいきたいと思います。
 
 
 
【vee ga booでの販売商品はこちら】
 
【公式サイトURL】
 
 
 
■「玄gen」について
グルテンフリー&ヴィーガン料理専門店 玄gen
当店のコンセプトは・・・からだが喜ぶ こころが満たされる です。
日々の食事を美味しく食べて健康になってもらいたい、という想いで創業しました。
 
私が、グルテンフリー料理や、ヴィーガン料理に携わるようになったきっかけは、調理師、栄養士の資格で、食関係の仕事に就いてきた中で感じた疑問からでした。
航空自衛隊で給食を担当していた時には、摂取カロリーをベースにした栄養管理に疑問を持ちました。メタボな自衛官が多かったです。また食品製造業で商品開発、品質管理などを経験した時には、日持ちや見栄えのために使われる食品添加物に疑問をいただきました。これ食べ物なの?と。そういった経験から、本当の食とは何か?ということを考えていた時にヴィーガン料理と出会い、ヴィーガン料理のシェフになることを決めました。
転職して勤めたヴィーガンレストランでは、肉、魚、卵、乳製品を使わない料理を提供するということ以外にも、様々なアレルギーにも対応してきました。その中で、特に小麦のアレルギーに悩むお客様が多いことに気が付き、グルテンフリーのメニュー開発にも力を入れてきました。このようにヴィーガンシェフとして、レストランやカフェでの勤務経験を活かし、その店のカラーやコンセプトにとらわれることのない、自分の料理を提供できる店を持ちたい!という想いから、グルテンフリー&ヴィーガン料理専門店 玄genを創業しました。
食を通して ‘‘ からだが喜ぶ こころが満たされる ,, 感覚を提供したい、そのためにも食材選び、調理方法にもこだわりを持って運営しております。安心、安全はもちろんのこと、美味しさへのこだわりも忘れてはいません。
ふんわりもちもち食感の米粉パン。お肉やお魚を使わなくても満足できる玄米菜食弁当。スパイス料理の本場、南インドに渡り学んできたスパイスカレー。小麦、乳製品、卵を使わなくても味わい深いスイーツなど、メニューも豊富に取り揃えています。
調理師、栄養士として働いてきた食のプロが提供するグルテンフリー&ヴィーガン料理をぜひお召し上がりください。
 
 
 
【vee ga booでの販売商品はこちら】
 
【公式サイトURL】
 
 
 
■「ノノズマフィン」について
私は8年間健康食品会社に勤務していた経験があります。
健康ブームの中で摂取しにくい栄養素は健康食品から補う人お客様がいる一方、健康食品に頼らず食事で取り組みたいというお客様もいらっしゃいました。
基本となる毎日の食事に、安心して食べられるものがあまりにも少ないことに驚きます。
それは多くの食品に添加物や加工品が多種多様に含まれているからです。
そういった皆さまの声を伺いつつ、自らも勉強を続けるうちに、若い頃は感じなかった健康への意識が、40代になって次第に高まってきました。
そんな折、主人が腸の病気になり、乳脂肪分や油もの等を控えなければならなくなりました。そのため主人は大好きな洋菓子やスナック菓子を控えなければならず、かなりのストレスになっていたと思います。
主人のために体に優しいおやつを探しましたが、市場には洋菓子で乳脂肪分抜きというものはなかなか見つかりません。そのような経験のなか、私の中で「健康は食事が基本」という考えがますます強くなりました。
食べるものが血液となり細胞を活性化して体を作ります。
健康食品は簡単に足りない栄養を補えますが、
やはり目で、舌で、香りで、「おいしい」と五感で感じるものが、なにより心身的な健康につながると考えるようになったのです。
それと同時に、今までの経験と知識を活かし、健康のため、安心で安全なものを、食を通じてお届けしたいと強く思いました。
 
『マフィン』はアメリカではママの手作りおやつの代表的なものです。短時間で作ることができる簡単なもので、欧米では朝食や昼食にも食べられています。日本でいえば「おにぎり」に当たると思います。
それなら単なるおやつでなく、
「朝食や昼食にも食卓に並べてもらえるような安全で安心なマフィンをお届けしたい」。
そんな想いでnono’s muffinをスタートさせました。
nono’s muffin とは、 no egg, no milk, no butter の3つのnoを名前に込めて名付けました。
まだまだ日本でマフィンは食事として認識されてはいませんが、食事制限のある方や病院のお見舞いにも安心してお届けできる商品は、食事の代用品としても重宝いただけると考えています。
「おいしい」は人を笑顔にします。 
どうか、みなさんの笑顔が健康な日々に繋がりますように。nono’s muffinは、今後もみなさまの健康と笑顔をサポートできるよう、
多彩なラインナップでおいしいマフィンをつくり続けていきたいと思います。
 
 
 
【vee ga booでの販売商品はこちら】
 
【公式サイトURL】
 
 
 
■「パンダプールマフィン」について
「お母さん!どれを選んでもいいの?」パンダプールマフィンには、卵・乳製品などのアレルギーを持つ子供たちが、お父さんやお母さんと一緒に笑顔でやってきます。自由に食べるものを選べない子供たちって結構いるんですよね。誰かの笑顔を思い浮かべて考えたマフィンは、いつの間にか100種類以上になりました。ちなみに、「パンダプール」という名前は、昔、岐阜市にあったレジャー施設のプールの愛称。 流れるプールのまん中に大きなパンダの滑り台があって、みんなワクワク・ドキドキしながら遊んでいたんですよね。そんなエンタメ心を、子供ちゃんたちに、そして皆さまに届けています! 店内で選ぶワクワクさ、選んだマフィンをおうちでほうばって笑顔に!
たまたまのご縁とタイミングで昔あったパンダプールの近くの小さな物件に出逢い、長良川沿いの桜が咲く金華山のふもとで店を営むことになって8年目。
その前までは住宅、建築、インテリアの仕事に就いていて、マフィンは一度も焼いた事もなく、お菓子つくりにも全く縁のない生活。自身の身体と人生(と言うと大げさですが、、、)の転機があり、今まで経験したことが無い事をやってみよう!と、試行錯誤の独学。作るなら安心して食せる物を。建築とお菓子つくり、似ているところがあるな。。と、楽しみながら一人でいつも時間を忘れて没頭。
今まで焼き立てを手から手へお渡ししたい!というこだわりを続けていましたが、今年もご縁とタイミングがあり、8月にオンラインショップをオープンしたばかりの時にvee ga boo ご担当者様よりご縁を頂きました。感謝の気持ちを岐阜から全国遠方へ。一つひとつに心を込めてマフィンをご用意します。
 
 
 
【vee ga booでの販売商品はこちら】
 
【公式サイトURL】
 
 
 
■「おやつ工房さら」について
「グルテンフリーのお菓子はパサパサして美味しくない」
とある販売会でお客様に言われた言葉。
もしかしたら、これが多くの方の認識かもしれません。
 
おやつ工房さらは娘が生まれて、マクロビオティックに出逢い、子育てしていく中で「身体に負担のないお菓子を作りたい」という想いが膨らんで生まれました。
オープン当初は小麦も使っていましたが、
マクロビオティックを基本にしていて卵や乳製品を使っていなかったこと、
マフィンが米粉だったこと
があり、アレルギーをお持ちのお客様が多くいらっしゃいました。
その中で、「他の小麦を使わないものはありませんか?」と聞かれることも多くなり、思い切ってグルテンフリーに舵を切ることになりました。
 
まだまだ米粉に慣れていなかった私はかなりの頻度で、味覚に優れている友人に試食を(何年にも及んで)頼んでいました。工房を始めて2年目くらいでした。
 
そんな中、その友人から衝撃な一言が!!
 
「まさかアレルギーだからこんなものでいい、と思ってないよね?」
本当に厳しい言葉でした。でも、5年以上経った今でもそれが私の基準です。
皆様にこうやってお菓子をお勧めできるのは
同じものを何十回も、何年も試食し続けてくれたその友人のおかげです。
そして……、
身体に負担のなくて美味しいお菓子ならよい、から
見た目も綺麗なお菓子にしたい。
想いも少しずつ変わってきました。
 
作れば作るほど、お菓子作りにおいての卵やバターの重要性がわかるようになりました。
でも、卵やバターなしで、小麦を使わずにどこまで美味しいものが出来るだろう?
どこまで美しいものが出来るだろう?
そんなことを思いながら、日々お菓子を焼いています。
 
アレルギーのある人もない人も同じものを食べて「美味しいね」、そう言えるおやつを。
ビーガンの人もそうじゃない人も同じものを食べて「美味しいね」、そう言えるおやつを。
それがおやつ工房さらのポリシーです。
原材料にもこだわり、
・国産の米粉や菜種油や豆乳
・地元川崎産の農産物
・オーガニックのメープルシロップやチョコレートやココア
・出来るだけ減農薬、無農薬などの環境へ配慮したもの
 
を使用しています。
 
使っている菜種油は貴重な国産ですが、油の中でも加熱に強く、それによる酸化が少ないと言われています。
また油や糖分の使用も控え目にし、素材の味を最大限引き出す努力をしています。
 
都市の中に畑が残る川崎。
その畑を子ども達世代に残したい。
地元の農産物を使うことで本当に微力ですが、どんな人が作ったかわかる農産物を使うことで農家さんを少しでも応援出来たらいいな。
そんな想いもあります。
 
おやつ工房さらのお菓子の果物や野菜のほとんどは工房で加工しています。
(ナッツや一部のドライフルーツを除く)
移ろい変わっていく季節をお菓子から感じていただけたらと思います。
※原材料の製造段階でのコンタミネーションがないことを保証するものではありません。
※全て1人で作業しています関係上、ご注文いただいてから発送までにお時間をいただくこともございます。(1週間程度)
 
※ネットショップ上にはありませんが、デコレーションケーキには豆乳ホイップを使用しており、その原材料中には白砂糖が入っています。乳製品のアレルギーの方を優先しておりますので、ご了承ください。
 
 
 
【vee ga booでの販売商品はこちら】
 
【公式サイトURL】